介護ファクタリングの仕訳 会計処理について

 

介護ファクタリングを利用する際の、会計処理について仕訳や勘定科目はどうすればいいのか?
という事についてご説明してまいります。
まず、ファクタリングによる資金調達ですが、金融機関などによる新たな融資や借り入れとは異なるもので、負債では無いという明確な基準を覚えておきましょう。
ファクタリングでの資金調達は負債ではない
一般的な会計の考え方によると、ファクタリングを利用するという事は、売掛金を譲渡する事になりますから、
売掛債権譲渡という扱いになります。勘定科目としては金銭債権譲渡損と記載される事となります。
たとえば取引先A社に200万円の売掛金が発生した場合、その時点では売掛金、売上とも200万円となります。
その後、ファクタリング会社に売掛債権として譲渡する契約を結びます。
手数料が仮に10%と設定した場合、200万円の売掛債権ですが、10%の手数料が差し引かれる事で180万円の現金を受け取る事になります。ここで発生する差額が手数料20万円であり、売掛債権譲渡損として計上される事になります。

ファクタリング会社の手数料が売掛債権譲渡損

これが銀行や他の金融機関からの借入の場合、入金されたお金は負債の欄に記載することになり貸借対照表(バランスシート)が悪化するという事になります。
一方でファクタリングの場合は、先にご説明した通り負債扱いではなく売掛債権譲渡損という扱いですので、負債を増やさず資金調達が可能になる為、バランスシートも悪化する事はありません。
またこの勘定科目ですが、お使いの会計ソフトに売掛債権譲渡損という科目がなければ、「雑損失」「債券割引料」「支払い手数料」という科目で計上しても問題ないとおもいます。
※もし契約されている税理士や会計士がおられる場合は、一度ご相談のうえ確認してください
さらに、消費税の扱いについてはどうでしょうか?

消費税はかからない
売掛金(売掛債権)は広い意味では有価証券扱いになります。そしてこれをファクタリング会社に譲渡する訳ですが、その譲渡には消費税をかけることが出来ない事になっています。つまり非課税取引という事になります。
ですからファクタリング会社が消費税分を上乗せして、請求してくる事は決してありません。
先の悪徳ファクタリングの手口と共に、しっかり覚えておく事をおすすめ致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です