介護ファクタリングの手数料の相場は?

 

ファクタリングによる資金調達を行なう際に、最も気になるのは手数料がどれくらいかかるのか?という事だと思います。
ここではファクタリングの際の、一般的な手数料の相場を見ていく事にしましょう。

ファクタリングの種類によって手数料は変わる
ファクタリングの手数料というのは、ファクタリングの種類によって異なります。ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングというものがあります。
2社間ファクタリングというのは、あなたの会社とファクタリング会社の2社の間で契約を交わす場合を指します。この場合は、買い取ってもらう売掛債権の会社は含まれておらず、売掛先の会社は、あなたが売掛債権を譲渡したという事すら知ることはありません。取引先に自社の経営状態を知らせたくない、といった場合にこの2社間ファクタリングを活用する場合が多いと言えます。しかし、売掛先の会社の倒産等回収にリスクが伴う為、手数料はすこし高目に設定されます。
2社間ファクタリングの手数料の相場は、20%~30%程度になります。
3社間ファクタリングというのは、あなたの会社とファクタリング会社、そして売掛先の会社の3社の間で契約を交わす事になります。事前に、売掛先の会社に相談し、あなたの会社の売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうけれど構わないか?といった打診を行ないます。承諾を得てから契約する事になります。
長年の取引で信頼関係のある会社の場合や、親族などの繋がりがある会社の場合、快く受け入れてくれる事でしょう。3社間でしっかり合意のうえ契約を行う為、回収不能のリスクが低減されるので、ファクタリング会社の手数料は安くなる傾向があります。
3社間ファクタリングの手数料の相場は、5%~8%
介護ファクタリングの場合は、買い取る債権が介護報酬という国保連を相手にした債権の為、信頼度は非常に強いと言えます。国相手の売掛金ですので、回収不能になる心配が無い為、ファクタリング会社は手数料をかなり安く設定する事になります。
介護ファクタリングの手数料の相場は、1.5%~5%

もちろん契約するファクタリング会社によって手数料に違いはありますが、大体の相場は上記の様になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です