悪徳ファクタリング会社を見抜く方法

 

ファクタリング会社は当然の事ながら真面目な事業を行い、多くの会社や企業の資金調達の手助けをしています。しかし残念な事に評判の悪い、いわば悪徳会社とも呼べる業者も存在している様です。
では、どうすれば質の悪い業者を見抜き、騙されない様にできるのでしょうか?

悪徳ファクタリング会社の手口とは?

悪徳ファクタリング会社がやる一般的な手口について紹介します。
2社間ファクタリングなのに格安手数料をウリにしている
ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングというものがあります。
あなたの会社とファクタリング会社の2社間で契約するのが、2社間ファクタリング。
あなたの会社とファクタリング会社、更に売掛先の会社も併せて、計3社で契約する事を、3社間ファクタリングと言います。
通常2社間ファクタリングの場合、売掛先の会社に倒産等のリスクがある事から、手数料は10%~30%と高い設定になっています。
3社間ファクタリングの場合、売掛先の会社も同意のうえの契約の為、手数料は5%程度と比較的低めに設定される事が一般的です。
しかし、悪徳なファクタリング会社の場合、2社間ファクタリングにも関わらず非常に安い手数料をウリにしてきます。しかし、それは撒き餌の様なもので、後になって高額な手数料を請求して来ると言ったやり方がある様です。

契約直前になってから、次の様な言い訳と共に手数料を引き上げてきます。
「問題無く契約可能と考えていたのですが、売掛先の会社に○○の問題が見つかりましたので、審査を通す事ができませんでした。手数料を引き上げさせて頂ければ、審査を通す事も可能になるのですが・・・」

という感じです。
最初はすぐにでも審査が通り、低い手数料で現金化が可能と甘い言葉で、楽観視させて来るのです。
そう言われると、あなたは資金繰りの目途も付いたとおもい、他の金策も行いませんよね?
しかし、ギリギリになってから、審査が通りませんと言われるのです。得意先の支払いも迫っており、資金ショート寸前です。あなたの会社はまさに倒産寸前の状態です。買い取ってもらわないと会社が倒産するかもしれません。
結果的に、手数料の引き上げ受け入れるしか無くなってしまうのです。

介護ファクタリングの場合は、あなたの事業所、ファクタリング会社、そして国保連という3社間ファクタリングに該当します。
また、介護ファクタリングは国保連と言う国相手の売掛債権となる為、回収に伴うリスクが限りなく無い、信頼性の高い債権ですので、2社間ファクタリング・3社間ファクタリングと比較しても各段に手数料が安くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です